花ちらしの雨が花筏を演出

 

今年の桜も峠を越しました。今日は4月としては最も寒い一日になったようです。桜は散りだしていますが、花吹雪と花筏が最後を飾ってくれていました。本当に儚い桜の季節、この儚さが、日本人の心を射止めるのでしょうか。その最後の輝きを見せる桜に、今日は「花散らしの雨」になりました。春の雨は「木の芽起こし」の雨に始まり、花の開花を促す雨を「催花雨」、そして「花散らしの雨」。こちらでは花散らしの雨が、東北では催花雨になることでしょう。「花散って水は南へながれけり」正岡子規 

| 16:57 | 投稿者 : ushiku |