牛久シャトーのソメイヨシノが心配

 

牛久シャトー本館の右手前にシンボルツリー「ソメイヨシノ」の古木がありました。桜の季節には大きく枝垂れて本館の煉瓦の色彩と桜の花がマッチしてすばらしい景観でした。ところが、ソメイヨシノ50年説でしょうか、樹勢が大きく衰え、剪定された姿が写真です。この老木が昔の姿に戻れるのかどうか、それとも枯死してしまうのか。シャトーの中にあるソメイヨシノは大半が老木で、世代交代の若木を補植しないと桜の名所から脱落する可能性があります。つくばみらい市の福岡堰が良い例ではないかと思います。

 

| 16:37 | 投稿者 : ushiku |