草木萌動

 

昨日は南岸低気圧が通過してまとまった雨になりました。それまで乾燥しきっていましたから、恵みの雨になったことでしょう。春は急速に進んでいます。そして、今日は二十四節気「雨水」の七十二候(末候)「草木萌動」(そうもくめばえうごく)です。次第に和らぐ陽光の下、草木が芽吹き出す頃。冬の間に蓄えていた生命の息吹が外へ現れ始める季節になります。梅が満開になり、ネコヤナギが暖かな花穂をつけ、里山でマンサクが満開になりました。そして林床ではフキノトウが薹をのばしはじめました。あと五日で二十四節気の「啓蟄」(けいちつ)です。季節の大きな変わり目に差しかかりました。(写真はマンサク)

| 16:34 | 投稿者 : ushiku |