アヤメ園の管理作業が進む

 

アヤメ園の管理作業は春の陽射しを浴びて順調に進んでいます。冬季は圃場が凍結のため、休止していましたが2月からスタート。除草作業の傍ら、寒肥の施肥を行っているところです。アヤメ園はこれから3月〜4月にかけて芽だしがあり、再び施肥を行います。その頃になると気温も上がり雑草の生育もスピードが上がり、除草との競争になります。そして、5月には花茎が伸びだし、6月中旬から花菖蒲の開花期になります。中旬から下旬までお客様のため「花がら摘み」が連日行われます。花が終わり、気温も急上昇する7月から、「株分け」がスタートします。3年に一度の株分けになります。大きく成長した株を掘り起こし、固くなった根を切り離し、小さな苗にしていきます。これを6本づつ植え直し、9月末で株分けが終了します。その後は除草の連続。12月の圃場が凍結し始める頃まで作業は続きます。

| 17:17 | 投稿者 : ushiku |