大寒波の予兆

 

史上最強の寒波が来ると報道されていますが、北海道では記録的な低温が懸念されています。明日の朝の気圧配置を見ますと、三つの低気圧が本州を通過するため、関東でも積雪の可能性が出てきました。牛久の降水確率を見ますと、午前5時(20%)、その後徐々に上がり、午前10時(90%)、午後5時(50%)と降水確率は高い数値で一日維持されそすです。気温も氷点下1度〜0度が終日の気温です。この気温は気象庁始まって以来16年ぶりの記録になるとか。これでは間違いなく雪になるでしょう。早朝から降り出した雪はほぼ一日降り続きそうで、積雪量は多いかもしれません。写真は午後4時半の北西の空で、幾つかの層になっています。今日は木曜日に通過した南岸低気圧が遠ざかり、大陸からの高気圧の張り出しによって大きな崩れはなかったのですが、新たな三つの低気圧が発生、この動きによって大寒波と降雪という激しい天気になりそうです。

| 17:33 | 投稿者 : ushiku |