牛久の歴史ボランティアガイド養成講座第6回修了

 

 

牛久歴史まち歩きの会、ボランティアガイド養成講座(第6回)を実施しました。今回は「牛久宿」の現地踏査でした。かっぱ号城中刈谷ルートで下町坂下で下車。ここからスタートしました。観成院の黒須嘉一郎之碑(提灯座という寺子屋の先生で、茨城県知事であった山岡鉄舟と交流があり、氏が亡くなったときに山岡鉄舟揮毫となる「黒須嘉一郎之碑」の碑文、台座には勝海舟の書となる漢詩)牛久宿の江戸寄りの門となる「下惣門」の位置田沼意次が作った「間口税」逃れの「ウナギの寝床」共同井戸明治天皇牛久行在所跡と牛久助郷一揆の舞台牛久宿本陣跡正源寺(由良国繁の七観音の言われ。本陣佐野屋主、佐野左右衛門の墓碑。鬼兵犯科帳の舞台等)上惣門の位置。桜ぼっく(日露戦役の慰霊碑、碑文は元牛久藩第12代藩主・子爵山口弘達揮毫と太平洋戦争の戦没者慰霊碑(碑文は靖国神社五代宮司筑波藤麻呂揮毫)。約2kmの行程でしたが、歴史がいっぱいでした。(写真は正源寺山門)

次回(第7回講座)は2月12日(火)15:00〜保健センターです。

| 12:14 | 投稿者 : ushiku |