今年最初のスーパームーン

 

1月21日、アメリカ一帯で皆既月食が観察されました。ただ、今回の皆既月食はただの皆既月食ではありません。なんとその名も「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」。残念ながら、日本では見られませんでした。このアメリカで見られたスーパー・ブラッド・ウルフムーンとはどんな月なのでしょうか? 1月の最初の満月を「ウルフムーン」というそうです。命名の理由は諸説ありますが、2月の繁殖期に向けて年明けから遠吠えが多くなることや、ネイティブアメリカンの人々が真冬の食糧不足にオオカミたちが嘆いているという話にちなんで「ウルフムーン」と呼ぶようになったと言われています。

ところで、日本では、今夜(21日)は2019年最初の満月です。「スーパームーン」ともいわれています。「スーパームーン」とは、天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていません。主に地球と月との距離がとても近く、普段より月が大きく見える時に使われるそうです。なお、今年最も大きい満月は2月20日です。国立天文台によると、最も大きな満月は最も小さな満月に比べて14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えるとのことです。写真は牛久から見た今日のスーパームーンです。2400mmの超望遠レンズで撮影しました。

 

| 20:13 | 投稿者 : ushiku |