生きた化石の並木道

 

きれいに黄葉したメタセコイアの並木道。ここは、シャトー通りの終点付近で近隣公園脇です。特に今日は強い季節風が吹き荒れましたので、タセコイアの葉が道路にオレンジ色に降り積もっていました。ここはヘルスロードNo.9、「シャトー通り散策コース」になっています。メタセコイアとは、スギ科メタセコイア属の落葉樹で一属一種。化石植物として知られていましたが、1945年に中国四川省で現生種が発見され、生きた化石と言われるようになりました。生長が早く、世界各地で公園樹や街路樹として栽植されています。高さ35メートル、径2メートルに達するような巨木になります。

| 17:31 | 投稿者 : ushiku |