柏田川の源流

 

この写真は何処でしょうか? 準用河川柏田川の僅かに残る源流です。奥の石垣の上はJR常磐線の線路です。ここは、マップで見ますと、写真奥側が東になります。そして場所は田宮跨線橋の北側、この写真の手前側はマンションのコルサム牛久です。グーグルマップで見ますと、この場所がブルーで塗りつぶされています。写真の左側右側も調整池で、右は豊かな水を湛えています。田宮町に住む長老の話によると、昔は(時期不明・昭和20年代か?)、常磐線の下を柏田川が流れ、常磐線は川の上に架けられた鉄橋だったといわれています。それを裏付けるため、明治14年陸軍省測地部が発行した拙速即図という地図を確認しました。すると、長老の話を裏付けるように、柏田川の源流がこの辺にあったことが分かりました。この場所の西側延長線上には国道6号です(具体的な場所は、お住まいの方に迷惑がかかりますので明記しません)。明治期の柏田川は、この付近を源流とし、日本鉄道海岸線(現在の常磐線)を潜り抜けて、現在の眼鏡市場から洋服の青山を斜めに横切り→牛久シャトーの裏→近隣公園(明治期の溜池、神谷傳兵衛も利用)→市役所分庁舎→県道272号線(通称ふれあい通り)を横切り→中央図書館の南側を通過→東洋大牛久高校の下を通過→小野川に注ぐ小さな河川です。現在の柏田川は、この写真の先から暗渠になっており、県道272号線を越えてから川が顔を出します。

| 17:44 | 投稿者 : ushiku |