黄金に輝く古刹、観音寺

 

久野町の古刹、観音寺の黄葉が始まりました。威徳山福聚院観音寺は、「花曼荼羅のお寺」と言われ、本尊に十一面観音を祀る天台宗の古刹です。境内には、四季折々の花が咲き乱れ、6月の紫陽花、そして、秋には市民の木のイチョウ(No.16 樹齢300年)の黄葉が素晴らしく、イチョウの落ち葉を引き詰めたような境内は黄金色に輝き眩しいばかりです。遅れていたイロハカエデも紅葉が始まりました。

| 15:41 | 投稿者 : ushiku |