落花生農家の農繁期

 

天候不順で、落花生の脱穀も一休み。最近「落花生ぼっち」と言われる「ぼっち積み」がが少なくなってきたような気がします。落花生ぼっちは稲の「小田がけ」同様、日本の原風景のような気がしますが、効率重視になってきたのではないかと思います。牛久周辺の落花生品種は「ナカテユタカ:煎り莢用の中生品種。千葉半立と比べて収穫時期は2週間程度早く、収量は約2割多い品種」という品種が多く、他にも「千葉半立:煎り莢用の晩生品種。食味が良いことが特長」「おおまさり:ゆで豆用の極大粒品種」などが有名です。落花生の生産量は千葉県がダントツで1位。2位は茨城県です。

| 16:53 | 投稿者 : ushiku |