霜降り月がやってきた

 

このところお天気は長続きしません。北海道では記録的に遅い初雪の便りが相次いでいます。今日の気圧配置は、北海道に低気圧、本州は移動性高気圧に覆われ、明暗が分かれました。11月の異称でもある「一陽来復」とは、春が来るという意味と、ようやく運が向いていくる二つの意味があります。11月を霜月と呼ぶようになってきたのは、霜が降りる月だからという説が有力ですが、本来は霜降り月であったのが、「降り」が省略されて「しもつき」になったようです。今日の牛久は午前6時には摂氏5度と今年最低気温を記録しました。そして、本格的な霜で、畑は「霜だたみ」(一面に霜が降りたのを霜だたみ)となり、畑は真っ白でした。今週末には冬将軍がやって来そうで本格的な冬に突入します。

| 17:32 | 投稿者 : ushiku |