休耕田に開発の槌音

 

ここは市内某地です。何年も前から休耕田となっていた水田ですが、盛り土が始まりました。休耕田とはいえ、農地ですから、宅地ということはないかと思いますが、農地の価格も大きく下落、高齢化に伴って土地を手放す人がふえています。市街地から離れた場所で、畑地になるのであれば問題はありませんが、「ソーラー発電所」や「ヤード」「建材置き場」になる可能性もあります。遊休の農地の再利用は、行政がもっと監視してほしいと思います。

| 19:28 | 投稿者 : ushiku |