鎌倉街道の牛久起点

 

幻の古道といわれる鎌倉街道の調査を行いました。鎌倉街道は幕府の置かれた鎌倉から常陸の国に通じる「下の道」といわれるルートで、利根川を渡って利根町、竜ヶ崎と進みますが、小野川を渡るあたりから街道が途切れていて、詳細がわかりません。そこで、明治14年陸軍省測地部の作成した「迅速即図」の牛久村を使って、牛久に入ってからどのようなコースを辿ったのかを現地踏査しました。国道408号の島田町(信号)付近が竜ヶ崎との接続点ですが、408号から小野川までの道がありません。迅速即図によれば、現在の島田町信号から西に400mのところの(GS)から北西に伸びる山道を見つけました。尚、このGSから南に竜ヶ崎に通じる道があります。408からこの道に入り北西に進むと、長沼りんご園を左に見て、そのまま進むと、奥野生涯学習センターに出ます。そのまま進むと山一味噌(牛久二中入口信号)に出ます。ここから小坂団地北側を通り、県道48号線につながる市道が現在の鎌倉街道といわれています。この結果からしますと、牛久二中入口信号から東のカントリーラインまでは鎌倉街道ではないと結論づけました。

 

| 16:56 | 投稿者 : ushiku |