晩秋の森

 

今年は相次ぐ大きな台風に蹂躙された森。先日の二つの台風によって多くの樹木が倒れました。あれから、半月、落ち着いてきた気象。ただ、塩害の被害はまだまだ続いています。そして、日照不足が記録的になるかもしれません。連日の曇り空、時たまにわか雨が降る「時雨」状態はまだしばらく続きそうです。写真は牛久自然観察の森の緑の保全区です。枯れ葉のふかふかの絨毯を踏みしめて歩くと季節の移ろいを感じます。聞こえてくるのは冬鳥のさえずり。そして、梢を通り過ぎる風の音が秋の深まりを感じました。

| 17:23 | 投稿者 : ushiku |