七十二候・鶺鴒鳴

 

この所、気温は急降下、今朝5時の気温は18度、肌寒く感じました。晴天をもたらした移動性高気圧が東に遠ざかりますので、お天気は下り坂ですが、中々雨が降りません。でも、気持ちの良い秋晴れが続きます。今日は二十四節気「白露」の七十二候(次候)「鶺鴒鳴」(せきれいなく)。鶺鴒が鳴きはじめる頃。鶺鴒は水辺を好む鳥のため、川の上流域に行くほど多く見られます。セキレイは日本書紀にも登場し、季節の変わり目を人々に教えて来ました。セキレイは昔は冬鳥でしたが、現在は国内で一年中見られます。昔はこの時期に北から渡って来たセキレイが鳴き出す時期を捉え、七十二候や俳句の秋の季語にもなったのでしょう。(写真はセグロセキレイ)

| 17:05 | 投稿者 : ushiku |