フィトンチッドを浴びに来ませんか?

 

梅雨空にしっとりと潤った観察の森です。今年の梅雨はまとまった雨が少なく、残り一月に期待がかかります。しっかりと降って水瓶をいっぱいにして欲しいですね。観察の森は、萌葱色から濃い緑に変わり、薄暗い感じの森に変わりました。これからは、森林浴を楽しむ季節に入ります。森林浴というと「フィトンチッド」を耳にするようになりました。フィトンチッドとは、ロシア語で、フィトン=「植物」チッド=「他の生物を殺す能力を有する」という意味をもちます。1930年頃、旧ソ連の科学者B.P.トーキン博士がこの植物が持つ不思議な力を発見しフィトン(植物が)チッド(殺菌する)と名付けました。これを繋げて読むと、「植物からでる揮発成分は殺菌作用がある」という意味になります。フィトンチッドは病気を直すものでもありませんが、普段からフィトンチッドを意識した行動をとることによって、ストレスやアレルギーを緩和したり、免疫力を高めたりと体にプラスに働く生活を送ることは可能です。森へ是非お出でください。

| 15:34 | 投稿者 : ushiku |