シャトーの日本遺産・不認定となる

 

牛久シャトーの日本遺産申請が「不認定」となってしまいました。

「日本遺産不認定 肩落とす県内関係者」文化庁の「日本遺産」に他県と共同でそれぞれ申請していた牛久、古河、結城の県内3市の関係者は24日、いずれも不認定となった結果に「残念」などと口をそろえ、落胆の表情を浮かべた。「牛久シャトー」などワインに関わる文化財を山梨県甲州市と共同申請していた牛久市では、「期待が大きかっただけに非常に残念。今後の対応については、結果を精査し検討していく」とコメントした。牛久シャトーを所有するオエノンホールディングス(東京)の牛久シャトーカンパニーでは、「認定されると思っていたので、とても残念」と唇をかんだ。その上で「不認定の理由を十分に吟味して、できるならもう一度挑戦したい」と再起を願った。(平成30年5月25日茨城新聞記事を引用)(写真は再利用しています)

 

| 18:14 | 投稿者 : ushiku |