間もなく柳絮の季節

 

新緑の「牛久沼かっぱの小径」です。尾瀬ヶ原を彷彿とさせる木道もあり、多くの方が体力増進、健康管理に利用しています。写真の両側にある大きな木は「マルバヤナギ」というヤナギの一種です。現在花が咲いていますが、昨日の風雨でかなり落ちてしまいました。この柳の花は5月の初めには種子が出来て、綿毛で風に飛ばされますが、その景観が大変幻想的です。まるで牡丹雪が降っているような景観で、その綿毛で木道も田植えしたばかりの水田も綿毛で真っ白になります。この自然現象を「柳絮の舞い」と表現し、春の季語にもなっています。(柳絮:りゅうじょ)

| 17:22 | 投稿者 : ushiku |