忘れられた明治期の牛久の開拓

 

この風景は何処にもある田園風景です。この場所は岡見町の岡見城址のすぐ西側の台地です。写真の奥側が台地の外れで、谷津になっており、小野川です。この場所は、殆ど注目されず、ありふれた田園風景となっていますが、牛久の歴史の証人でした。牛久には三大開拓として、明治期の女化開拓、そして戦後の、奥野開拓、成美開拓が牛久の黎明期の大きな開拓でした。しかし、ここに忘れられていた明治期の開拓がありました。その名は「岡見が原」の開拓です。この時期は明治11年津田出による女化が原の開拓が始まっていました。その官有地の開拓地から外れた、岡見が原に目を向けたのが、旧牛久藩士「愛知直簡」など3名でした。これらは、牛久県知事人見寧宛に「荒蕪地開墾の儀願」を提出したことからはじまります。その願書によれば、この広大な原野は「天賜ノ妖地」であるが、これ「空しく放棄セシムルノ形況」は、穀物の価格がきあめて安く「殖産培養ノ動費ヲ償フコトアタワザル」によるものとして、これを開墾「牧畜ノ事業ヲナシ」たいというものでした。願書提出の二年後、明治15年11月、その時点での貸付原野はすべて官有地。面積は、岡見・小坂・福田の原野82町歩5反余りでした。女化開拓ほどではありませんが、この広大な土地のルーツは埋もれていました。

| 19:38 | 投稿者 : ushiku |