第10回うしくみらいエコフェスタ開催される(その2)

 

第10回うしくみらいエコフェスタのスナップです。牛久市公式キャラクター「ラーシク」がちびっ子に愛嬌を振りまいていましたが、そろそろ疲れが出て、控え室に入るところです。大きなキャラクターなので、横向きにならないとドアーを抜けられません。ドアーに引っかかってヨイショヨイショと入るところを子どもたちが見守っていました。

| 19:17 | 投稿者 : ushiku |
第10回うしくみらいエコフェスタ開催される(その1)

 

「第10回うしくみらいエコフェスタ」開会しました。今日は雨の中多くの方がいらっしゃいました。エコフェスタはこれまで10回になりますが、雨に祟られたのは今回で二回目。10月は晴れの気象特異日が多く、1964年10月10日の東京オリンピックもこの晴れの特異日に設定されました。しかし、最近は10月も台風や秋霖前線(秋雨前線)が停滞し愚図つく日が多くなっているような気がします。これも53年経った現在、地球温暖化が進んでいるのでしょうか? 写真は午後から行われた仮面ライダービルドショーの開会前のメインステージです。

| 19:07 | 投稿者 : ushiku |
第10回うしくみらいエコフェスタ・明日開会

 

可愛い大仏様です。この絵は明日、下根の運動公園で開催される「第10回うしくみらいエコフェスタ」(環境イベント)が募集した絵画の一部です。市内の幼稚園、保育園から続々と集まった可愛い絵画です。その一部をご紹介しました。今日下根の運動公園で午前10時より開会です。皆さまのお越しをお待ちしております。駐車場の制限がありますので、お早めのお越しをお待ちしております。

| 17:49 | 投稿者 : ushiku |
忘れられていく歴史の証人

 

ここは旧水戸道中(水戸街道)・成井一里塚跡です。史跡でありながら、雑草に隠れようとしています。現在の地番は牛久市遠山町。牛久宿の江戸寄り、龍ヶ崎市の若柴宿と牛久宿の中間にあります。現在の牛久市には、成井一里塚の他、田宮一里塚(現在の国道6号田宮町交差点付近)、中根一里塚(国道6号ひたち野牛久と荒川沖の境界の三カ所があります。江戸時代にはこの一里塚の前を参勤交代の隊列がしばし行き交った事でしょう。水戸道中には水戸徳川家は定府制のため、参勤交代は行われませんでした。このため参勤交代は無く、東北地方の殿様が中心でした。水戸藩主徳川頼房は徳川姓を名乗れましたが、尾張、紀伊各徳川家よりも禄高は半分ほど。但し、御三家のうち江戸定府を認められたのは水戸家だけでした。家康は御三家のバランスを考えたのではないかと言われています。このため、水戸家が水戸へ下ったのは半世紀で11回と少なかったようです。

| 19:21 | 投稿者 : ushiku |
市道23号線、通称・城中田宮線部分開通

 

牛久に新しい道路が本日開通しました。ここは田宮町に出来た市道23号線、通称・城中田宮線です。中央の信号から手前の部分で、今回の延伸部分は238m。未開通部分はここから先県道46号線野田牛久線・近隣公園東信号まで442mあります。全線開通はまだまだ先になりそうです。

| 17:00 | 投稿者 : ushiku |
高齢化が進んでも若い人の住みやすいまちづくり

 

可愛らしい保育園児のお散歩です。前後の保母さんの持つロープに園児はしっかりと握りゆっくりとお散歩中でした。高齢化が進む牛久市ですが、旧市街でも、これまで空き地だったところに新築の住宅が次々に建ち、若い方の移住も進んでいます。牛久の高齢化率の一番の行政区が53%、一番若いひたち野牛久地区は5%と大きな差がでています。牛久市は常磐線沿線でも人口が僅かですが増えている都市です。つい先日、ある新聞で、厳しい記事が掲載されていました。石岡市の例ですが、12年前に旧石岡市と八郷町が合併し、81887人の自治体としてスタートしました。しかし、先月には7180人減の74707人と大きく減っています。日本創成会議の将来人口推計によると、石岡市は子どもを産む確率の高い20〜39歳の若年女性数が、2010年に比べて40年までに54.4%減少すると予測され、「消滅可能性都市」と位置づけられたそうです。転出者が転入者を上回る「社会減」にも歯止めがかからないようです。市としては色々と手を尽くしているようですが成果は出ていないようです。牛久も若い人たちの住みやすいまちづくりが喫緊の課題かもしれませんね。

| 17:47 | 投稿者 : ushiku |
住宅地にムクドリの大群が押し寄せる

 

田宮町の住宅街に押し寄せる「ムクドリ」の大軍。電線に留まっているのは良いのですが、電線の下は糞で一杯。迷惑な鳥です。最近では牛久駅西口の大きな街路樹と東口の花水木通りとぶどう園通り交差点付近で見かけましたが、その集団でしょうか? 写真の場所を30分後に再び通りましたら、すべて何処かに消えていました。塒に戻る集合場所だったのでしょうか? 野生動物と人間のとの共生は難しいですね。 

| 18:59 | 投稿者 : ushiku |
牛久に新しい動脈が開通

 

牛久に新しい道路が開通します。ここは田宮町に出来た市道23号線、通称・城中田宮線です。今回の延伸部分は238m。未開通部分はここから先県道46号線野田牛久線・近隣公園東信号まで442mあります。全線開通はまだまだ先になりそうです。この市道が全線開通することで、国道6号のバイパスの代替にならなければ良いのですが。現在、近隣公園東信号と6号国道田宮跨線橋西信号間が終日渋滞で悩まされています。

| 20:21 | 投稿者 : ushiku |
霧の季節の到来

 

10月になりました。今朝5時半の日の出の時刻、気温は15度まで下がりました。「天高く馬肥ゆる秋」の到来です。暑さが収まり、秋霖が落ちついて、爽やかな気持ちの良い晴天が広がる時期です。これからが見頃となる山の紅葉など、行楽には最高の季節になります。中旬を過ぎると徐々に気温は下がり、朝晩はそこはかとなく寒さを感じ、初冬の気配が漂いはじめます。今朝は気温の低下と共に放射冷却で,地霧が発生しました。地表面だけの霧が秋の深まりを感じました。

| 17:32 | 投稿者 : ushiku |
調整池二度目のお勤め

 

今朝午前6時の準用河川刈谷川の調整池です。この調整池は6月末に完成しました。今朝の豪雨で、渇水期の水位よりも50cmほど上昇していました。この調整池が出来る前は、牛久町、刈谷町方向の雨水が洪水のように流れ込み、この手前の道路は50cm以上冠水状態が続きました。特に常総水害の時は道路の冠水は80cm以上で、冠水の少ないところでも雨水蓋から水柱が1mも上がりました。この状況から右側に広がる水田は完全に水没状態でした。今日は早朝から大雨警報と竜巻情報が相次ぎ、寝不足状態の方も多かったのではないでしょうか。

| 18:59 | 投稿者 : ushiku |