放置竹林の脅威2

 

放置竹林の脅威(その2)です。昼間でも暗い竹林のトンネル。両側は斜面林です。ここまで荒廃すると手のつけようがありません。当然タケノコも採れなくなっています。外来種の孟宗竹は竹材やタケノコで一時は繁栄した時期がありました。しかし、最近は高齢化と海外からの輸入量の拡大で、国内の竹に関する営農は完全にストップ。竹林は放棄され、荒れるに任せています。竹はタケノコから3ヶ月で10mにも成長し周囲にあった樹木を超える高さに成長し、光を奪っていきます。樹冠競争に負けたコナラ、クヌギなどの落葉広葉樹は枯死していきます。荒廃竹林の問題は福岡県の事例が報道されました。崖の上にある放置竹林から下にある住宅地に枯れた竹が落下し大きな問題になっています。下の方は命の脅威があると言っていますが、上の竹林の所有者は亡くなったご主人から1970年代に土地の相続があり、現在80代の女性の土地になっているそうです。使い道のない土地を売却したくても利用価値なしとして売れない。放置することで、山は荒廃が進む。80代の女性がこの大きな竹林を管理することは不可能。そこで、行政に譲渡を申し入れたが、市が譲渡を受けるのは「使い道がある場合」に限られ、山林は難しいということで話は進展していないようです。そもそも「土地」は手放せないものなのか。早稲田大大学院法務研究科の吉田克己教授(民法)に尋ねると、土地所有権の放棄が可能か否かは民法にも規定がない。「所有者のない不動産は、国庫に帰属する」という条文はあるが、今回のように管理に負担がかかる土地の放棄は一般的には認められないそうです。(出典:西日本新聞2018年5月4日に加筆)

| 09:44 | 投稿者 : ushiku |
放置竹林の驚異

 

放置竹林が全国で問題になっています。竹の旺盛な繁殖力によって「生態系の破壊」や「地滑りの危険」がクローズアップされてきました。孟宗竹の根は地中深く伸びず、地表面を這うように(根は地中30〜40cm付近と浅い・樹木は1m以上と深い)成長していきます。そして成長力が早く、樹林帯に侵入した竹はあっという間に伸びて、樹木を完全に凌駕します。その後、樹冠競争に負けた(光を失った)樹木は次々と枯死していきます。こうして竹林が拡大し、密集した竹林内には、耐陰性のヒサカキ(関東地方では神棚にあげる榊の代用として利用)や、ヤブニッケイなどの「陰樹」だけが残り、その森の生態系は大きく破壊されることになります。こうして竹林は他の植物を寄せ付けず、森林は荒廃し竹林に変わっていきます。この状態になるまで放っておくと、斜面林であれば地滑りの危険が増していきます。写真は市内各所で見られる樹木の斜面林ですが、孟宗竹が入り込み、樹木はかすかすの状態。斜面の大部分には枯れた孟宗竹が写真のような酷い状態となっています。異常気象による線状降水帯などによる集中豪雨で地滑りが心配です。

 

 

| 15:40 | 投稿者 : ushiku |
ハクチョウの落ち穂拾い

 

コブハクチョウが田んぼの中で何をやっているのでしょうか? この行動は、田んぼの稲の二番穂の籾を食べているのです。ハクチョウたちは、春から秋までは、マコモの根や茎を好んで食べますが、食べ物が少なくなってきたとき、陸に上がり、田起こしの済んでいない田んぼに入り、籾を食べています。春の餌は、田んぼの畦に生えている「シロツメクサ」等。夏は「マコモ」の根や茎。秋になって餌が少なくなると「落穂」や「水苔(通期)」を嘴で掬うようにして食べます。ハクチョウは草食動物です。

| 08:58 | 投稿者 : ushiku |
民間信仰が風前の灯火

 

これは、「ザガマタ」と呼ばれる「犬卒塔婆」です。犬卒塔婆とは、その地区で行われている女人講によって立てられました。女人講とは、神仏を祀り参詣する同行者の集まりを講(こう)といい、伊勢講、山の神講、不動講など、さまざまな講があり、女性どうしが集まる信仰の場であるとともに、日常生活の情報を交換する場でもありました。利根川下流域では多くの講の中に「犬供養」があり、講員である若い嫁が、毎年2月から4月ころにかけて定期的に行なう安産祈願です。犬の供養とは、犬は「お産が軽い」と考えられており、それにあやかりたいという思いが込められています。また、雌犬が死んだ際に臨時に行うこともありました。この習俗は利根川下流域に集中していて、「犬卒塔婆」または「ザガマタ」と呼ばれるY字型の木に供養の文言を書き、道の辻に立てる風習が見られます。しかし、高齢化とお産する若い人の減少で存続が危ぶまれています。市内でも多くの場所で見られましたが、現在は激減しています。

*ザガマタ:ウルシの仲間の「ヌルデ」の枝を切って樹皮を剥がし、Y字型の枝に供養の文字を書きます。

 

| 09:53 | 投稿者 : ushiku |
銀鼠と柿色の朝

 

今年最強と言われる師走寒波がやってきました。気圧配置は西高東低で教科書に書いたようなはっきりした冬型の気圧配置になっています。この寒さは明日までで、徐々に冬型が崩れていきます。今朝の日の出は6:48。日の出直後の里山の風景です。畑は霜で一面に真っ白。この情景を「霜畳み」と言います。その畑の背後には雑木林があり、枯れ葉に朝日が当たって、「茜色」とか「柿色」に染まる不思議なコントラスト。これは冬ならではの光景です。日本人は、古の昔から、現代に至るまで深く生活の中に息づいた日本特有の色彩感覚を楽しんできました。それが俳句の季語になったり、日本の伝統色として伝えられてきました。因みに背後の色は秋の色で「茜色」や「柿色」と言います。そして畑は冬の色で「銀鼠」(ぎんねず)と言います。

| 17:40 | 投稿者 : ushiku |
鎮守の森がまた一つ消える

 

新地の鎮守の森が消えようとしています。正面奥が稲荷神社ですが、その参道がごらんのような姿に変わりました。宅地に変わるのか? それともソーラー発電所? この付近は最近大きく変貌を遂げています。スギ、ヒノキや雑木の林が手入れされずに、放置された「荒廃林」となっていました。ここは東林寺城址に隣接する場所で歴史的にも価値ある場所ですが、乱開発に晒されています。歯止めはかからないのでしょうか? 放置された荒廃林の再利用という名目は一見ごもっともという感じがしますが、歴史的価値のある場所が消えていくことに驚きを禁じ得ません。

| 17:40 | 投稿者 : ushiku |
美しい里地・朝日の演出

 

今日は移動性高気圧に覆われ、北日本を除いては比較的安定したお天気になりました。牛久では快晴の日の出でした。日の出直後(6時50分)の農地で美しい光景を見つけました。マルチ栽培のドームには光の強弱によってプリズムのような、美しい色の変化がありました。この時刻は光の色温度が弱いため、光の当たっている部分と陰の部分で色の大きな差が出てきます。そして、その先には朝日に染まる雑木林が茜色に染まっていました。これは数分の出来事でした。

| 19:15 | 投稿者 : ushiku |
イチョウの葉を敷き詰めた農道

 

年末寒波の襲来で、今朝の気温も氷点下2度まで下がり、稲荷川や調整池の一部は凍結しました。今年の黄葉(紅葉)はほぼ終わり、最後まで残っていた落葉樹のイチョウもすべての葉を落としました。里山の一角で黄金色に輝く農道がまぶしく感じました。

 

 

| 18:15 | 投稿者 : ushiku |
師走寒波がやってきた

 

とうとうやってきた師走寒波第一号。本格的な冬がやってきました。畑は霜で真っ白。今日の天気図を見ますと、細く縦に伸びる等圧線、はっきりした西高東低の気圧配置になっています。北海道や東北地方で大雪。山陰や中国地方で初雪が観測されました。この寒さは師走に入って初めての寒波ですから、暮れも押し迫った感じがします。昨日ホームセンターに買い物に行きました。すると、店頭では、お正月の松飾りが山になっていて、多くの方々が買って行かれました。これを見ていて、ああ、今年も暮れていくんだなあとしみじみとその光景を眺めていました。13日は、「お正月事始め」です。そろそろ新年を迎える準備をしなければなりませんね。

| 15:49 | 投稿者 : ushiku |
西高東低の季節がやってきた

 

昨日の二十四節気「小雪」を迎え、早速、寒波がやってきました。小雪を過ぎると、木枯らし一号や、北国からは雪の便りが届く季節に入るとされています。早速、関東では今年一番の冷え込みになり、畑は霜で真っ白。陽が昇ってからも、暫く放射冷却で地霧が発生し、幻想的な光景が見られました。今朝の気圧配置は緩やかですが、冬型の西高東低の気圧配置になっていました。この気圧配置はすぐに解け、日本列島を移動性高気圧が覆い、穏やかな一日になりました。

 

| 17:03 | 投稿者 : ushiku |