牛久の歴史ボランティアガイドの立ち上げ

(牛久の歴史ボランティアガイド養成講座参加者募集)

10月15日号の牛久市広報(11ページ)に掲載いたしました。

目的:牛久の歴史を学び、多くの方に牛久をご案内するボランティアガイドを立ち上げます。

10月26日より毎月二回、座学と現地踏査を来年三月まで実施し、4月より要請に応じて、市内のガイドを行います。

 

日 時:10月26日(金)15:00〜17:00

ところ:牛久市役所分庁舎一階牛久市社会福祉協議会懇談スペースで行います。

対 象:歴史に興味がある方、ガイドをやってみたい方、何方でも参加できます。

会 費:資料代として¥3000です。(牛久の歴史すべて)

締 切:10月25日(木)

申し込み:牛久市景観まちづくりネットワーク 

   坂 弘毅(kyu-saka@jcom.home.ne.jp   080-1050-5666)

 

| 19:41 | 投稿者 : ushiku |
再開のお知らせ

大変ご迷惑をおかけいたしました。6月末〜プログラムトラブルで、投稿ができませんでしたが、本日8月7日より再開をいたします。今後ともご来場頂きますようお願い申し上げます。(管理人)

| 08:34 | 投稿者 : ushiku |
景観まちづくり歴史講座開講します

[景観まちづくり歴史講座]開講します。

「牛久をもっと知ろう」と言うことから、牛久の歴史をお話しします。

第一回 11月25日(土)「牛久の古代」・・・旧石器時代から古墳時代

第二回 12月16日(土)「牛久の戦国時代」・牛久の天正18年

第三回 1月20日  (土)「牛久の農民一揆」・牛久助郷一揆

第四回 2月17日    (土)「牛久沼の歴史」・・牛久沼の生いたちから現在まで

第五回 3月17日    (土)「まちづくり先進地視察」バスで視察します。

 

各回とも、参加費 200円(資料代)、第五回は実費負担となります。

場所 牛久市社会福祉協議会ボランティア市民活動センター(市役所裏分庁舎1階)

時間 午後1時30分〜3時迄

 

参加希望の方は下記にお申し込み下さい。

     kyu-saka@jcom.home.ne.jp

| 18:52 | 投稿者 : ushiku |
お詫び  

21日よりサーバーのトラブルで、更新が出来ませんでしたが、28日より復旧しました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

| 09:55 | 投稿者 : ushiku |
平成28年度まちづくりセミナー

 

今日はまちづくりセミナーでした。牛久市景観まちづくりネットワークでは、年に1〜2回、ユニークなまちづくりで成功を収めた方や、まちづくりの学識経験者をお招きしてセミナーを行っています。

今日の講師は、石岡市のNPO法人まちづくり市民会議理事長・白井育夫氏に講演をお願いしました。演題は「小さなコミュティから石岡家」でした。高齢化の進む常磐線沿線の都市で、悩みは牛久も同じです。街を活性化するために多くの仕掛けをやってきたということです。その拠点となるのは「まちかど情報センター」です。多くの市民にピッチャーとなって貰い、まちかど情報センターはコーチでは無くキャッチャーとなることであると。そして受け取ったアイデアを租借して次々に実行に移す。素晴らしい行動力です。高齢者から小学生に至るまで、きめ細かな情報発信を行い、多くの市民に評価されています。そして、現実の一番大きな課題である困窮世帯の子どもたちへの学習支援事業は注目すべきことでした。本来行政がやる仕事ですが、此方ではNPOとして既に行動に移していました。質疑応答含めて1時間40分大変意義のあるセミナーでした。

| 17:14 | 投稿者 : ushiku |
当ホームページの復旧に関して

ここ数日、サーバーのトラブルで日々の更新が出来ませんでしたが、昨夜復旧しました。

これからも従来通りご覧いただきますようお願い申し上げます。    管理人

| 08:14 | 投稿者 : ushiku |
まちづくりセミナーのご案内

「まちづくりセミナーのご案内」

 

牛久市景観まちづくりネットワークでは、今回もまちづくりセミナーを開催します。

 日時:3月25日(土) 13:30〜15:30

 場所:三日月橋生涯学習センター第二講座室

 講師:石岡市・NPO法人まちづくり市民会議 理事長 白井育夫氏

 演題:「小さなコミュニティから石岡家」

    石岡市で積極的なまちづくりを展開しているNPO法人で、興味ある

    お話しをうかがえると思います。

 

3月15日牛久市広報にも掲載しました。

| 18:22 | 投稿者 : ushiku |
9月第2回ミステリーツアー

9月第2回ミステリーツアー募集中

 

 今月は、「田宮の歴史と民俗」歴史ツアーです。

 9月27日(土) 9:00〜11:30  詳しくは牛久市広報9月15日号をご覧ください。

 

 田宮(たぐう)は水戸道中牛久宿から北に約1km、ここには30000年前からの大規模な集落、古代遺跡が発掘されました。時代は旧石器時代から縄文、弥生、奈良、平安と途方もない長い期間、大規模な集落が形成されていたことになります。特に旧石器時代は、氷河期です。そこから発掘された石器の謎?。何故ここに大規模集落があったのか、この辺の歴史ロマンを解説します。時代は過ぎて、近世になると田宮一里塚を中心に開けたエリアとなり、江戸時代には幕府公認ではないが小さな宿場が形成されていました。そこには大きな旅籠(明治になってから割烹旅館)があり、そこに幕末の志士高杉晋作が投宿したとされる言い伝えが残されています。そして、銀座木村屋のあんぱんの生みの親「木村安兵衛」の生家など、歴史ロマンのツアーにご参加ください。

| 18:32 | 投稿者 : ushiku |
9月ミステリーツアー募集中

9月のミステリーツアー募集中

 今月は、「伝承口碑・鎌倉権五郎」歴史ツアーです。

 9月10日 9:00〜11:30  詳しくは牛久市広報9月1日号をご覧ください。

■伝承口碑・鎌倉権五郎の遺跡を訪ねて

 平安末期に「後三年の役」で活躍した若武者・鎌倉権五郎景政ゆかりの地が、牛久市桂町周辺に点在している。1083年、奥羽(現秋田県横手市)の豪族・清原家の争いを鎮めに鎮守府将軍・八幡太郎義家(源義家)に命じられ出陣した景政は、16歳の若さで奮戦し多くの手柄を立て天下に名を示した。戦が終結し故郷の鎌倉へ帰る途中、牛久を通過。島田台に入った一行は、関東武士の動きを探るために潜んでいた清原家の家来・鳥海弥三郎の攻撃を受け、景政は右目を矢で打ち抜かれたがひるむことなくそのまま戦い、弥三郎の軍勢を一人残らず討ち果たした。しかし、程なく桂川に転落死した。この時、景政が目を洗い、かえり血を落としたのが奥野小学校裏手の細道を下ったところにある「おみたらしの池」。今はくぼ地だが、かつては清水が湧き出ていたという。池の奥の墓地には部下に引き抜かせた右目の矢を納めたという「矢の根神社」、さらに景政が激しい疲れと敵を討ち果たした安堵感で夢うつつで上ったことが由来とされる「うつつ坂」などがある。「景政の墓が今も地元の人に管理されていますが、似たような逸話は各地に残っています」と市内の歴史に詳しい坂弘毅さん。牛久市では景政ゆかりの地を巡るウオーキングコースも設定している。(常陽リビング紙に掲載された記事全文)

| 20:18 | 投稿者 : ushiku |
8月のミステリーツアー募集中

8月のミステリーツアー募集中

 今月は、「牛久の天正18年」歴史ツアーです。

 8月27日 9:00〜11:30 牛久市観光アヤメ園駐車場集合

 詳しくは牛久市広報8月15日号をご覧ください。

■天正18年(1590)は、豊臣秀吉が天下統一で、小田原北条氏を攻略した年です。牛久の岡見氏は小田原方の北の守りで、16の支城を持ち、北からの脅威(水戸の佐竹)に睨みを利かせていました。しかし、天正16年に、佐竹氏の旗下である、下妻の多賀谷氏が牛久沼の泊崎に城を築くと、牛久沼を挟んで、睨み合いが続き、多賀谷水軍との水軍戦がたびたび行われていました。そして牛久の支城は次々に攻略され、牛久岡見氏の守りの要、東林寺城が落ちると岡見氏の力は急速に衰えていきました。

| 20:44 | 投稿者 : ushiku |