ナガミヒナゲシにご注意

 

[ナガミヒナゲシ](長実雛芥子)の櫺未割れて種子が飛散を始めました。環境省の要注意生物に指定され、大変迷惑な雑草です。可愛いからと、庭や家庭菜園でも見かけますが絶対に植えてはいけません。花は5月の初めに咲き、現在は左下の姿です。種子は右下の写真です。種の直径は1mm以下と小さく、畑や花壇に種がこぼれると大変なことになりますよ。

地中海〜中央原産の帰化植物で、日本で最初に確認されたのは1961年の東京都世田谷区です。現在は全国に広がっています。アルカリ性の土壌を好み、コンクリートでアルカリ化した路傍に繁茂。抜いても抜いても根絶できず、雑草として相当に厄介なものです。一つの果実には約1600粒の種子が内包されています。一個体は100個の果実を成すこともあるため、多い個体では15万粒の種子を持っています。見つけたら抜去しないと大変なことになります。(ケシ科ケシ属)

| 17:17 | 投稿者 : ushiku |
街道に一対の一里塚

 

国道6号、ひたち野東に中根一里塚が残されています。一里塚とは、徳川家康が、慶長9年(1604)頃に全国の主要街道を改修、改良を加えて一里塚を設け、この時期に開かれた日本橋から十七番目に「中根一里塚」が築かれました。一里塚は旅人の標識と休息の施設として一里(約4km)毎に街道の両側に約5間四方(約9m四方)、高さ一丈(約3m)程の塚を築いたものです。市内には、外に「成井」、「田宮」に一里塚がありましたが、現在は「成井一里塚」と中根一里塚が残されています。中根一里塚は、昭和61年、江沢大輔氏より市に寄贈されたものです。また、ここの一里塚は大変珍しく、国道の反対側には、この一里塚の対になる土浦市の指定史跡「荒川沖の一里塚」があります。このように街道に対で残っている一里塚は非常にまずらしいです。

| 17:19 | 投稿者 : ushiku |
今は無き万博中央駅

 

この写真は、万博中央駅ができたとき開業前の記念盆踊りと思います。万博中央駅は、科学万博見学の輸送を国鉄が約半数を担う想定で設置された万博輸送の要ともなる駅で、国鉄常磐線の牛久駅と荒川沖駅の間(上野起点56.8Km)に設置されました。昭和60年(1985)3月14日に開業、同年9月16日をもって営業を終えるという短期間の臨時駅でした。特急を除く中距離電車とエキスポライナーが停車。時間帯は下り7時28分着〜22時39分着、上り7時28分着〜22時36分着。臨時駅とはいえ規模は大きく、国鉄のパビリオン的存在でした。万博輸送は、土浦ルート、牛久ルート、水海道ルート等設定されましたが、この万博中央ルートがメイン設定でした。駅前広場からは会場までのシャトルバスが運行され、約780万人が利用しました。特に2両連結の連接バス(スーパーシャトルバス)は、当時日本で最初の本格的営業連接バスとあって、注目されました。万博中央駅から13キロメートル離れた会場まで所要時間は約20分。この間を結ぶアクセスバスとして、スウェーデン・ボルボ社製B10M(ボディは富士重工業製)の連接バスを使用して運行されました。(写真提供:牛久市生涯学習課)

| 15:32 | 投稿者 : ushiku |
頑張れ牛久シャトー

 

ひたち野うしく駅のペデストリアンデッキ、大きな駅の風景です。牛久駅よりもはるかに都会的な感じがします。そのデッキの手すりに「祝牛久シャトー日本遺産認定」の横断幕が掲げられていました。ちょっと小さい感じがしますが、あの時の余韻がまだ残っています。本当にタイミングが良かったと思います。そして、牛久シャトーが一日も早く本来の姿に戻ってほしいと多くの市民が願っております。

| 16:58 | 投稿者 : ushiku |
七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

 

梅雨末期特有の大荒れのお天気が続いていますが、今日は中休み、久しぶりに青空が見えました。今日は、二十四節気(小暑)の七十二候(次候)「蓮始開(はすはじめてひらく)」です。ハスの花が開き始める頃の意。中国から渡来し、池沼、水田に広く植栽された多年生植物です。仏教では、極楽浄土を表す花とされ、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」では、「池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のように真っ白で、その真ん中にある金色の蘂からは、何とも言えない好い匂いが、絶え間なくあたりへ溢れております」と記されています。大きな蓮の花を見ると、本当に極楽浄土に行ったような気持ちにさせくれますね。アヤメ園の池で古代バスが咲いています。

| 16:48 | 投稿者 : ushiku |