おせっかいな人間が野生動物の寿命を縮めている

 

稲荷川の八羽のコブハクチョウファミリーに変化がありました。8月中旬に一羽が行方不明になり、10月に入り、更に一羽が居なくなりました。病弱で死んだのかもしれませんが、5月の初めに孵化した雛は、陸に上がってシロツメクサをむさぼるように食べていました。まだ野生の姿を見せていました。塒から3km近くの川を移動しながら、餌を取る姿は野生の本能を感じました。しかし、野生動物に理解の無い人達によってほぼ餌付け状態のコブハクチョウになってしまったのです。このところほぼ一日、刈谷橋(写真)付近に居ることが多くなりました。散歩の途中で、食パン等を与える人が後を絶たず、この餌に味を占め、この場所から殆ど動かなくなったのです。人間の食べるものは野生動物には向いていません。自然界に無い材料を使っていますので、人間と同じものを食べることで、寿命を縮めて居るはずです。可愛いのであれば、野生動物は見るだけにして欲しいと思います。

| 19:46 | 投稿者 : ushiku |
特定外来生物が繁茂する牛久沼

 

ここは牛久沼、稲荷川最河口部の左岸です。ここに繁茂しているのはクズではありません。環境省の外来生物法で指定された、特定外来生物に指定された「アレチウリ」です。日本では1952年(昭和27年)に静岡県「清水港」でアメリカやカナダからの輸入大豆に種子が混入しているのが確認されたのが最初とされています。千曲川流域では1970年(昭和45年)に侵入が確認されました。セイタカアワダチソウ」の様に土木作業機械や工事車両に付着、工事の残土、埋め戻し用土砂と共に拡散をしました。旧千葉県農業試験場や四国農業試験場では、ウリ科野菜苗の台木としての利用が研究されたことがあります。

| 20:37 | 投稿者 : ushiku |
第10回うしくみらいエコフェスタ開催される(その2)

 

第10回うしくみらいエコフェスタのスナップです。牛久市公式キャラクター「ラーシク」がちびっ子に愛嬌を振りまいていましたが、そろそろ疲れが出て、控え室に入るところです。大きなキャラクターなので、横向きにならないとドアーを抜けられません。ドアーに引っかかってヨイショヨイショと入るところを子どもたちが見守っていました。

| 19:17 | 投稿者 : ushiku |
第10回うしくみらいエコフェスタ開催される(その1)

 

「第10回うしくみらいエコフェスタ」開会しました。今日は雨の中多くの方がいらっしゃいました。エコフェスタはこれまで10回になりますが、雨に祟られたのは今回で二回目。10月は晴れの気象特異日が多く、1964年10月10日の東京オリンピックもこの晴れの特異日に設定されました。しかし、最近は10月も台風や秋霖前線(秋雨前線)が停滞し愚図つく日が多くなっているような気がします。これも53年経った現在、地球温暖化が進んでいるのでしょうか? 写真は午後から行われた仮面ライダービルドショーの開会前のメインステージです。

| 19:07 | 投稿者 : ushiku |
第10回うしくみらいエコフェスタ・明日開会

 

可愛い大仏様です。この絵は明日、下根の運動公園で開催される「第10回うしくみらいエコフェスタ」(環境イベント)が募集した絵画の一部です。市内の幼稚園、保育園から続々と集まった可愛い絵画です。その一部をご紹介しました。今日下根の運動公園で午前10時より開会です。皆さまのお越しをお待ちしております。駐車場の制限がありますので、お早めのお越しをお待ちしております。

| 17:49 | 投稿者 : ushiku |