アヤメ園の彼岸花が満開

 

久し振りの秋晴れに太陽が眩しく感じました.牛久市観光アヤメ園の彼岸花がほぼ満開になりました。午後5時、日が傾いた時間でしたが、アヤメ園の彼岸花を観察に行きましたが見事満開でした。例年よりも1週間程遅かったのですが、秋分を過ぎて、開花が進みました。一時は嫌われた花でしたが、現在は人気も復活、口コミで広がったアヤメ園の彼岸花を求めて多くの市民が訪れています。

| 19:43 | 投稿者 : ushiku |
古刹の曼珠沙華

 

お彼岸が過ぎて、彼岸花(曼珠沙華)が満開になっています。ここは、久野町にある威徳山福聚院観音寺です。本尊に十一面観音を祀る天台宗の古刹です。境内には、四季折々の花が咲き乱れ、6月の紫陽花の季節には歩くことが困難なほど咲き乱れます。また、新緑の季節や秋の彼岸花、そして、紅葉もとても優雅で幻想的な世界に入り込むことが可能です。

| 18:57 | 投稿者 : ushiku |
今年の秋は「秋入梅」(あきついり)そのもの

 

今年の秋は異常気象で台風が次々に上陸、そして記録的な降水量が続いています。ここ数日、気温も低く、気温だけでは秋の深まりを感じます。この陽気も間もなく終わります。昨日、気象庁から異常天候早期警戒情報が発表されました。27日から1週間、全国的に残暑が復活となるようです。本当の秋はもう暫くお預けのようです。写真は今朝5時の牛久第二小学校付近です。

| 20:13 | 投稿者 : ushiku |
秋の七草

秋の野に咲く代表的な花を数え上げた秋の七草。万葉の時代から、現代に至るまで幾人もの人が、様々な秋の七草を数え上げてきましたが、万葉集(第八巻)に詠まれた山上憶良のこの七草を越えるものは現れなかったように思われます。「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七草の花。萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌(がお)の花」これが秋の七草です。オバナはススキのことで、アサガオとはキキョウのことを指します。この七草の内、桔梗の花期は過ぎましたが、その他の花は市内で見つけることが出来ます。探してみては如何でしょうか。

 

| 19:10 | 投稿者 : ushiku |
田のくろ豆

 

珍しい風景です。稲刈りの終わった田んぼに大豆が植えられています。この大豆を、水田の畦で作られていた大豆「田畦(たのくろ)豆」で「あぜまめ」「たのくろまめ」と呼ばれています。大豆は土の栄養分をたっぷりと吸収してしまう為、大豆を植えた50cm位の近さの稲の収量が減る為、生産が行われなくなった豆です。機械化前の田んぼは毎年畦を土の入れ替え(塗り直し)をしていた為、連作も出来ていた豆で、昔の栄養食でした。現在、田んぼでは見かけなくなりました。これを植えると畦道の除草を機械で出来ないのと稲の収量が落ちるからだそうです。

| 15:47 | 投稿者 : ushiku |