早暁の牛久沼

 

このところ厳しい寒波が日本列島を覆っています。日の出前の午前6時20分(日の出6時41分)、摂氏0度の寒気の中、新地の東林寺城一之郭(江戸時代以降は「本丸」)から6号国道を望んだところです。湖面にうっすらと広がる湖上の霧、そして日の出前の東雲色に染まった光景が独特の景観を見せていました。この時間は生きている牛久沼を表現する唯一の時間帯ではないかと思います。

| 20:46 | 投稿者 : ushiku |
黒富士遠望

 

牛久沼からの富士山遠望です。これまで牛久から富士山が見られるのは、正月か木枯らしが吹きまくる寒い時季に限られていました。最近は東京の大気が澄んできたのでしょうか、この時季でも見られるようになりました。

牛久から見られる場所は限られていまして、田宮中柏田線市道の跨線橋上、田宮町成蹊幼稚園脇(頂上部のみ)、マンションベルヴィラ、エスカードビル上層階、その他高層マンション。その他に6号国道牛久沼畔山水閣先、つくば市泊崎西側です。

(1200mm望遠で撮影)

| 19:41 | 投稿者 : ushiku |
常緑広葉樹の里山

 

今日は小春日和の一日でした。日本列島は冬型の気圧配置になりますので、今夜から明日にかけては厳しい寒さになりそうです。今日は、風もなく穏やかでしたが、牛久から富士山がはっきり見えました。木枯らしの吹く、厳冬期以外でも東京の先になる富士山が見えるのは、首都圏の大気が澄んできているのでしょうか。

写真は、城中町です。牛久沼の土手から北東方向の里山です。この付近は常緑広葉樹(シラカシ、ヤブツバキ、シロダモ等々)が広がる山ですから、一年中こんもりとしていて落葉せず「冬木立」という情景が見られないのは残念ですね。

| 19:01 | 投稿者 : ushiku |
湖畔の朝焼け

 

幻想的な牛久沼の一瞬です。今朝は東の空にやや雲が多く、日の出の朝日はすぐに雲に隠れてしまいましたが、日の出直後の西側の光景です。弱い朝日がつくば市の泊崎の湖岸に広がる葦原を真っ赤に照らし、反射した光が湖面に映し出されています。葦原のシンメトリーでしょうか。夜明けの光は天候にも左右され、時々刻々と変化していきますので、同じ光景を再び見ることは極めて難しいと言えるでしょう。「早起きは三文の得」です。

| 19:49 | 投稿者 : ushiku |
安全な歩車分離式信号

 

牛久で唯一の歩車分離式信号です。牛久駅東口前信号で、花水木通りと県道牛久停車場線の交差点です。歩行者を巻き込む事故が絶えませんが、この方式で、歩行者は安全に渡れます。この方式をもっと拡大して欲しいですね。この交差点は2月18日稀勢の里横綱昇進祝いのパレードの起点となった交差点です。

| 18:07 | 投稿者 : ushiku |