冬の実感の中、寒桜が咲き出した

 

春独特の天気が続いています。前線を伴った低気圧が日本列島を通過し、冬型の気圧配置となり強風が吹き荒れました。昨日は低気圧が日本海側にあり、その位置で強い南風が吹き荒れました。今日は低気圧がオホーツク海よりも東に遠ざかり、北風に変わりました。快晴でしたが強い北風で、気温も上がりませんでした。三寒四温、春のお天気は激しい移り変わりの中、密やかに近づいています。春は唐突な振る舞いをよしとしません。予感や気配を前奏として、最初は人目を避けるように「ひそやか」にやって来ます。実際、春は「しのびやか」に、「ひっそり」と知らぬ間に訪れています。後12日で、「啓蟄」です。冬ごもりしていた小さな生きものが長い冬ごもりから目を覚まし、本格的な春が訪れます。

この寒さの中、ひたち野西近隣公園に植栽されている「寒桜」が咲き出しました。今週末には満開になりそうです。

| 19:19 | 投稿者 : ushiku |
根古屋の古木が倒壊

 

ここは城中の根古屋橋に近い市道です。ケヤキの古木(手前側)でしょうか、地元の名物となっていたようですが、斜面に傾いて生えていたため、木の重みで倒壊してしまいました。樹齢100年以上は経っているようです。この場所は、鰻丼の逸話の牛久沼八間堰から渡し船がここまで来ていたのではないかと思います。江戸時代より多くの旅人を見守ってくれていた筈です。また一つ歴史の生き証人が消えていきました。

 

| 18:41 | 投稿者 : ushiku |
第72代横綱・稀勢の里関の横綱昇進祝賀パレード

 

2月18日(土)午後1時から、第72代横綱・稀勢の里関の横綱昇進祝賀パレードが行われました。パレードは牛久駅東口から真っ直ぐ東に延びる県道牛久停車場線です。牛久市のイベントで、短時間にこれだけの観衆を集めたのはこれが初めてではないでしょうか。市内はもとより他市町村、県外の人も多く、パレードが終了した後の牛久駅は完全にパンク状態。改札止めが何回も行われていました。ホームの人並みも凄く、ラッシュ時の山手線のホームのようでした。稀勢の里関は、この後牛久市役所で市民栄誉賞の授賞式になりました。

| 19:30 | 投稿者 : ushiku |
駅前に稀勢の里記念碑が誕生

 

2月16日、牛久駅東口前に稀勢の里記念碑がお目見えしました。記念碑には稀勢の里の手形と直筆の署名が刻まれています。牛久市の名所がまた一つ増えました。この石碑は市内に展示場を持つ石材会社(本社桜川市)が製作しました。石材会社の社長は、稀勢の里の郷土後援会の会員で、稀勢の里の横綱昇進の翌日に製作を決めたそうです。明日18日は稀勢の里の凱旋パレードが県道牛久停車場線で行われます。

| 20:49 | 投稿者 : ushiku |
国道6号線のバイパス工事が始まった

 

ここは根古屋川の一角です。根古屋川とは、向台自治会館付近の谷津から絞り出された湧水を集めて牛久沼に注ぐ準用河川根古屋川です。この場所から牛久沼まではほんのわずか。根古屋橋から300m程のところです。正面の工事中の場所は、一般国道6号線のバイパスのスタート部分です。工事名は「H28つくば阿見外環境整備工事」とありました。この場所は元々根古屋川(谷津)の一部で、河畔林が生い茂っていたところです。この場所はバイパスの取り付き部分で、これら河畔林を抜去するための工事が行われていました。写真の山側、最奥部からJR常磐線、手前に一般国道6号線、そして一番手前に根古屋川です。

| 19:38 | 投稿者 : ushiku |